借りたい人のお役立ち

1:どんな部屋に住みたいのか条件を整理する

家賃は手取り月収の3分の1を目安に

 物件の立地や広さ、設備・仕様などは、すべて家賃に影響します。「少しくらいならなんとかなる」と、軽い気持ちで高い部屋に決めてしまうと、後で困ることになるので注意してください。そこで、家賃を設定する際には、手取り月収の3分の1を目安にするといいでしょう。例えば、月収が手取りで18万円なら、家賃にまわせるのは6万円。尚、アルバイト代やボーナスなどは計算には入れません。また、予算には管理費や車を持っているまたは、バイクを持っているなら駐車場代も含めて考えましょう。

家族構成や持ち物の量を考えた間取りに

間取り

間取りで2DKといったら、ダイニングキッチン(DK)のほかに居室が2部屋あるという意味になります。住戸の広さは、専有面積(m2で表記)で表示されることもありますが、これには水まわりや収納部分も含まれます(バルコニーは含まれない)。平均的な間取りと専有面積の関係は、シングル向けのワンルーム・1Kで20m2前後(居室が6~7帖)、2DKで40m2前後(DK、居室2部屋すべて6帖)、3DKで50m2以上(DKと居室2室が6帖、4.5帖の居室1室)、いずれもこれは単なる例なので、家族構成や持ち物の量を充分に考えて間取りを決めましょう。

エリア選択は幅を持たせて

 エリアは、通勤・通学にムリのない範囲で選ぶのが基本です。決める時は、幅は持たせて考える事をお進めします。また、当社サイトに掲載されている物件情報を比較検討し、地域相場を確認しながら絞っていくとよいでしょう。

こだわり順にリストアップ

 「オートロック付き」など、ほかにこだわりたい点も頭で考えるだけでは明確にならないので、紙に書き出してみましょう。希望をすべて書き出したら、「絶対譲れないもの」「できれば」「かなえばもうけモノ」といった具合に色分けして優先順位をつけておくと整理が付けやすく、後で役に立ちます。

2:条件に合う物件情報を集める

当社サイトを活用して情報を使いこなす

 希望に合う物件情報を集めます。当社では、こだわりの物件探しからマニアックな物件探しまでも網羅できる様に、様々なカテゴリの専門コンテンツをご用意しております。予算内で希望の物件が見つからない場合は、エリアや広さなどの条件を設定し直してみることも大切です。なお、当社サイトなら予算やエリア、間取り・広さはもちろん、設備・仕様などの条件も指定して検索できる機能がもりだくさん。また、お部屋探しに役立つ情報もあります。ほかにも携帯電話でも物件検索できるので、活用してみてください。

3:電話して詳しく話を聞く

自分の条件と得意分野がマッチするか

 まず、集めた情報から実際に見学に行って見たい物件を選び出しましょう。何件かに絞ったら、お店に電話やメールで連絡を取ります。

予約時に電話やメールで自分の希望を伝えておこう

 物件を見たい旨を伝えます。メールでの来店予約も付いているので活用すると良いでしょう。このとき、希望する部屋の条件を伝えておきましょう。行った時に対応がスムーズになりますし、自分が指定した物件以外にも近い条件の物件を紹介する上での参考になります。可能なら、各条件を優先順に並べて伝えると伝わりやすいです。なお、訪問日時は必ず事前に予約することをおすすめします。いきなり出向いても、一から条件を聞いて、となると時間がかかる場合もあります。

申し込みに必要なものを確認しておく

 特に引っ越し希望日まで時間の余裕がない場合などは、見学したその日のうちに部屋を決めてしまい、入居申し込みを済ませたいというケースも出てきます。不動産会社に訪問予約の電話を入れた時点で、申し込みに必要なものや、申込書にはどんな記入項目があるのかを聞いておきましょう。なおSTEP5で詳しく触れますが、賃貸住宅を借りるには連帯保証人が必要な場合が多く、こういった物件では、申し込み時や契約時に連帯保証人のプロフィールを明示するよう要求されるので、前もって頼む相手を選んでおくと良いでしょう。通常はだいたい、両親や兄弟、親戚など、血縁関係のある人を立てます。

4:不動産会社へ行って物件の現地見学

見学する物件は1日3件が上限

 その日に見る物件を選びます。1度にあまりたくさん見学しても混乱するだけなので、1日3件を目安にすると良いでしょう。なお、見学前には条件リストを件数分用意しておきましょう。見学の際、各項目に「○」「△」「×」をつけながらチェックすると良いです。これを物件ごとに集計していけば、自分にとっていちばん理想的な物件がどれか絞り込みやすくなります。

メジャーで部屋の高さや奥行きを採寸

 気に入った部屋では、メジャーで窓の高さや収納の奥行きなどを採寸して間取り図に書き込んでおけば、家具類の配置を考える際に役立ちます。なお、室内に防水パン(洗濯機を置く、皿状の受け台)がある場合は、この大きさによって使える洗濯機が変るので、サイズを確認しておきましょう。

生活面も要チェック

生活面も要チェック

室内に問題点がなければ、自転車置き場やゴミ置き場の位置を確認しておきましょう。すでに入居者がいる物件なら、清潔につかわれているかや、きちんと管理されているかも見ておきましょう。周辺環境や最寄駅からの所要時間は、自分の足でどれくらいかかるか調べておき、どこを見る場合でも、不審者が潜みやすそうな場所がないか、交通量が激しくないかなど、利便性だけでなく、防犯面のチェックもお忘れなくチェックしましょう。隣や上下階の入居者と、自分の生活時間が大きく違わないかどうかも調べておくと良いでしょう。

5:申し込みと契約の準備をする

連帯保証人の依頼・プロフィール確認は早めに

 入居を申し込むには、不動産会社所定の申込書に必要事項を記入して提出します。記入事項は不動産会社や物件によって異なりますが、自分の連絡先や勤務先、年収等に加えて、連帯保証人のプロフィールが必要な場合が多いです。この連帯保証人とは、入居者が家賃を滞納した場合などに代わりに責任をとる人のことで、提携している保証会社でもいいという不動産会社もありますが、入居希望者が自分で連帯保証人を見つけるのが一般的です。また、通常は両親など近接関係に頼みます。連帯保証人は、早めに決めておきましょう。申込書を提出すると、不動産会社や大家さんはその部屋の入居者募集をストップして申込者の審査に入ります。最近では、即日から1週間ほどで審査結果が出ますが、家賃に対して収入が低すぎるなど、問題があると断られてしまうケースもあります。とはいえ、結果が出るまでの時間をムダにせず、準備を進めれば、契約までスムーズになります。。

家賃の6ヶ月~8ヶ月分が目安

 契約時には、さまざまな費用を支払うことになります。設定は物件によって異なりますが、家賃の6ヶ月~8ヶ月分が必要と思っておきましょう。最近では、敷金礼金0円という物件も多くなってきているので、初期費用を抑えたい場合はそういった物件が狙い目になります。入居時に火災保険などに加入することが義務づけられる場合もあります。どんな名目でいくら必要なのか、申し込む際に確認して準備を始めていきましょう。

何が必要か、確認して手配

 契約時に提出しなければならない書類も、前もって聞き出して審査の間に手配しておきましょう。何が必要になるかは、物件や大家さんによって異なります。

保護者が契約者になる場合も

 不動産会社によっては、入居者が学生の場合に特別なルールを適用しているところもあります。例えば契約者には保護者が指定されたり、学生が契約者になる場合は、連帯保証人が親や親族に限定されるケースもあります。また、現住所と入居したい物件が遠隔地なら、契約時に必要な書類は郵送で、費用は銀行振込で対応してくれる会社もあります。当社はすべて銀行振込対応となっています。

6:重要事項説明と契約書の確認

重要事項説明は、契約前の最後の確認。分からない事はしっかり質問しよう!

 審査にパスした旨の連絡がきたら、契約のために不動産会社に再度出向きます。まずは宅地建物取引主任者の資格を持った人から重要事項説明を受けて、契約書の内容を確認します。ここで物件所在地、家賃に関する取り決め(額面・支払い方法・支払日など)、契約期間、緊急時の連絡先などを確認します。契約内容の確認では、契約書に記載された条文を読み合わせていくことになります。重要事項説明も、契約書の内容確認も、聞き慣れない専門用語が出てきます。意味が分からない部分があっても恥ずかしいことではないので、遠慮せずに質問して、きちんと内容を理解しましょう。
以上全てに納得したら、契約書にサイン・押印して費用を支払います。これで契約締結です。